2006年08月31日

きみは「バイオレンス・ノベル・ポーカー」を知っているか

先般おこなわれた「みちのくSF祭ずんこん」http://www.zuncon.jp/ でおよそ20年ぶりに奇跡の復活を遂げた、幻のカードゲーム「バイオレンス・ノベル・ポーカー」をご存知だろうか。知らない? それは残念。まあ、あまり知っている人はいないような気がしますが。
カードゲームの一種でして、あたしはなんか、昔プロトタイプで遊んだような気がするのです。ゲハゲハ笑いながら。

んで、このほど、某SNSのコミュで東京でのイベントが告知されたので行くことにしました(^^)
しかも、

バイオレンス・ノベル・ポーカーイベント告知ブログ
http://vpn-tokyo.at.webry.info/


というすばらしいサイトがオープン。いよいよその全貌が白日の下に!

聞くところによると、『SFマガジン』10月号のずんこんレポートにも写真入りで出ているらしい。
メディアに載って、専門のイベントが誕生して、とメジャーへの道一直線(ちゃうちゃう)。玩具メーカーから市販されたりして(ないない)。世界中で大ブレイクしたりして(ないない)。遠からず、専門誌が誕生したり、カルチャー教室で講座が開かれたり、プロリーグが誕生したり(しないしない)。

ま、なにしろ楽しみ楽しみ(^^)
posted by 亀@渋研X at 01:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - きみは「バイオレンス・ノベル・ポーカー」を知っているか

2006年08月29日

マイナスイオン、コミックにも登場

川原泉『レナード現象には理由がある』(白泉社)というコミックが6/29に発売された模様。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4592142659/249-0217656-3621136?v=glance&n=465392

で、「レナード現象って、ひょっとしてレーナルト効果のこと?」と思ったもんで「レナード現象には理由がある マイナスイオン」でググってみたらどんぴしゃ。表題作に登場するヒロイン蕨よもぎはマイナスイオンを出すらしい。
著者はけっこう破天荒なギャグを書く人らしいので、マイナスイオンまでふくめてギャグにしちゃってんだったら、それはかえってよいかも、と思ったんだけど、どうもそうじゃない。
http://blogs.yahoo.co.jp/goemonn_happy/38889947.html
によると、作中での解説が
水滴と水滴がぶつかって分裂する際、周囲の空気がマイナスイオン化する現象。
マイナスイオンは人体の健康に良いとされるが自然界に於いては滝の周囲や噴水の近くで多く発生する。
しかし最も大量に計測されるのは落雷の直前である。
本書 36頁より引用。
ってんだから、完全に信じちゃってるのか? 「良いとされるが」ってところがかろうじて救いか?

なにしろ、こんなところまで浸透しちゃってるんですね……というお話でした。とほほ。
posted by 亀@渋研X at 04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - マイナスイオン、コミックにも登場

気になる広告

「おかしい広告」ではないかもしれないのだけど、「変な広告」かもしれないもの、少なくともぼくにとっては「不思議な広告」を我が家で発見。
詳細は「続きを読む」以下で確認して欲しいけど、少なくとも、広告を見る人の予備知識や補って読み取る力、以前渋研の連載でも採り上げた「納得力」に頼った、かなり変わった広告だと言えましょう。これって、もはやニセ科学一歩手前の珍しいサンプルなのかもしれないとさえ思う。

念のために書いておくと、この記事は「この商品がおかしい」という主旨じゃないです。「この広告は不思議だ」という記事です。もっと言うと「あなた、まさか、こういう類いの『なにも言っていないに等しい広告』を頼りに商品を選んだりしてないでしょうね」という話です。

あ、ネットで評判を探す限りでは、連続利用して数日から数週間程で疲れ目が楽になったなんて書いている人が多いようなので、別に製品としてはよろしいのだろうと思います。これも念のため(^^;;
しかし、メーカーの言をまじめに受け止めると「健康状態の改善のためのどのような効果があるとも、私どもでは言っていません」言い換えれば「なにも効果は期待しないでください」というように読めてしまうのです。このメーカー、あまりにもまじめなのでしょうか。それとも……??? 謎です。

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 01:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 気になる広告

2006年08月26日

牛乳有害説にびっくりしたら〈「牛乳論争」の誤解を解く〉を読もう

毎度kilulogのトピ「牛乳有害説」から。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/%7Ekikuchi/weblog/index.php?UID=1156204778
ほかに情報源はないのか、おれ。

牛乳は赤ん坊にはいかんとかネコにはいかんとか、そういう話は聴いたことがあったが、有害説があるとは知らなかったのでびっくり。

しかしまあ、下記を読むとおよその疑問は氷解した。

牛は何を食べたらいいのか?:「牛乳論争」の誤解を解く
http://sspirits.cocolog-nifty.com/beef/171/

要は、牛乳擁護派も否定派も、ほとんど同じことを言っている。いわく「牛乳は“完全食品”ではない」、いわく「赤ん坊の場合は未発達なのでやめとけ」、いわく「飲み過ぎるな」、エトセトラ。

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 牛乳有害説にびっくりしたら〈「牛乳論争」の誤解を解く〉を読もう

岩波『科学』で疑似科学特集

毎度、kikulogの記事で知った話。

岩波書店『科学』06年9月号で「疑似科学の真相/深層をよむ――なぜ信じてしまうのか」という記事が出ている模様。

岩波書店『科学』
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 岩波『科学』で疑似科学特集

2006年08月24日

ニセ科学フォーラム、京都と東京で開催

1か月以上前のネタですが、さっき気づいたので(汗

8/26(土)に京都で、9/2(土)に東京で、それぞれニセ科学フォーラムが開催される。例によってkikulogで得たネタ。ということは、ここを見る人はすでにみんな知ってそうですが(大汗

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/%7Ekikuchi/weblog/index.php?UID=1152971149

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 13:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ニセ科学フォーラム、京都と東京で開催
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。