2007年11月28日

【メモ】思考力が先か,知識が先か

知識の絶対量も問題では」(事象の地平線 2007/11/27)経由で「小中学生理科、考える力身につかず 国立教育研究所調査」(asahi.com 2007年11月27日)を読みました。
大元の調査結果「特定の課題に関する調査(理科)」(国立教育政策研究所 2007.11.28)は未読。だって、大部なんだもん。だから、ここでは朝日新聞が書いていることが研究所調査から言えることなのか、研究所はどう言っているのかといったことまでは考えません。

「事象の地平線」ではapjさんが
 考えるといっても、それには経験が必要では。知識が少ない状態で考えても、トンデモに突っ込んで玉砕するだけのような気がするが……。
と指摘されています。正論ではありますが、それで思い出したことがあったので、メモとしてエントリを起こすことにしました。

マスコミにはしばしば「知識が先か、思考力が先か」みたいな話が出て来ます。正直、ボクはうんざりしています。どっちも必要なのは自明で、どちらかが足りなければ推論が必要な問題では正解にたどり着けない確率が高まるのは当然ですよね。だから「どっちが先」という議論には馴染まない、というのがボクの立場です。


続きを読む
posted by 亀@渋研X at 10:44 | Comment(5) | TrackBack(1) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【メモ】思考力が先か,知識が先か

2007年11月22日

週刊朝日がDS脳トレ批判記事

ちょっと前の週刊朝日に、DS脳トレの批判記事が出た模様。

週刊朝日 2007年11月16日号
http://opendoors.asahi.com/data/detail/8578.shtml

記事名は〈任天堂DS「脳トレ」に異論続出!〉、サブタイトルが「売り上げ1千万本超の大ヒットゲームに、監修した教授の“恩師”も疑問視…」。
未見なのだけど、科学的な態度の問題と科学者の倫理観が直結して語られている記事なのかもしれない。図書館に行けばあるかなあ。

この記事をきっかけに「やっぱり!」となってあちこち調べた人が出てきて、それがめぐりめぐってぼくがちょこちょこ見るブログで話題になっていました。それで知った次第です。

「あちこち調べた人」のブログ記事は↓こちら。

DS脳トレに異論続出ー1(どんぐりころころ 〜しまりすの日々の暮し〜 2007.11.08)
http://plaza.rakuten.co.jp/clematis1010/diary/200711080000/

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 07:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 週刊朝日がDS脳トレ批判記事

2007年11月21日

どこまで広がる「神の手」

Safari019.jpgななな、なんじゃこりゃ!? 「神の手」の記事のページビューが、ここへ来てまた伸びている。コンスタントに1日100件以上のページビューがあるようだ。
アクセス解析を見ても、どっか有名サイトからリンクされたわけではない。相変わらず,リンク元はブックマークが最大だ。どうやら地道に検索結果から来ているらしい。しかも、いろんな検索サイトから、いろんな組み合わせで来ている。

  また流行ってんのか!?

そのようだ。テクノラティで検索してみたら、今月15日ごろから、また神の手のエントリが増えている。「人の噂も75日」じゃなかったのかよ!

原因は……あれか? 「7人に送ると幸せになれる」とか抜かしているチェーンメールだからか? orz

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 10:23 | Comment(20) | TrackBack(4) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - どこまで広がる「神の手」

2007年11月13日

メディアが犯罪行動を誘発する可能性は極めて低い(松文館裁判)

ひょんなことで松文館裁判(2002年夏の家宅捜査や任意聴取・逮捕に始まり、2007年6月になって最高裁の上告不受理によりようやく結審)の記録を読みふけってしまった。

松文館裁判
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/9018/shoubun-index.html

有罪判決はもとより、なんでここで採り上げられている作品やその出版が立件されなければならないのか自体が理解できないままだ。警察・検察・裁判所の判断に整合性があるようには思えない。

が、ここでクローズアップしたいのは、わいせつ裁判としての松文館裁判ではない。同裁判の証言と意見書(いずれも2003年)のなかで述べられている「『メディアが犯罪行動を誘発する可能性は極めて低い』ということは立証済み」という件。
続きを読む
posted by 亀@渋研X at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - メディアが犯罪行動を誘発する可能性は極めて低い(松文館裁判)

2007年11月09日

デジスタ出身作家が星新一オムニバス

星新一のショートショート5編が15分間のテレビ番組に仕立てられ、10日の夜24:35から放映される。(ソース1ソース2
番組名は「星新一 ショートショート劇場」(NHK総合、デジタル総合)。お題になった作品は『愛用の時計』『肩の上の秘書』『プレゼント』『包囲』『ゆきとどいた生活』(50音順)。各作品を映像化したのはNHK BS2のクリエータ登竜門番組「デジタル・スタジアム」出身の映像作家たち。

今朝の朝日新聞番組紹介では、特にアニメ2本が秀逸らしい。録画してムスメたちにも見せようっと。

昨日の「明治サイエンス事件帳」も録画しっぱなしでまた見ていないというのに、またNHKの番組を見たいって話だなあ。「黙って見ればいいだけじゃん」とか言われそうだが、おせっかいなことに、言いふらして、見る人を増やしたいのだ(^^;
タグ:メディア
posted by 亀@渋研X at 08:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - デジスタ出身作家が星新一オムニバス

2007年11月08日

NHK教育:明治サイエンス事件帳

本日からNHK教育の「知るを楽しむ 歴史に好奇心」という番組枠で「明治サイエンス事件帳」がスタート。全4回。見てみたい。

「明治サイエンス事件帳」の概要は
明治時代、日本人はヨーロッパから伝わった「サイエンス=科学」と劇的な出会いを果たした。政府が文明開化をスローガンに科学的知識の浸透をすすめ、旧来の学問が刷新される中、世間を騒がせる不思議な科学事件が次々と巻き起こる。<科学>と<非科学>の裂け目に生じたこれらの事件は、新聞雑誌の普及とともに、明治人の熱狂的な関心を呼んだ。その事件の背景には、ヨーロッパの科学思想と日本古来の自然観、新旧ふたつの価値観の衝突があった。日本人と科学の数奇な出会いのドラマを描く。
というもの(番組ホームページより)。

第1回は「こっくりさん≠ノ挑んだ妖怪ハンター」と題してこっくりさん井上円了を採り上げるらしい。井上円了についてはぼんやりとしか知らなかったけど、「妖怪ハンター」なんて……稗田礼二郎のモデルだったりするのか?

以下、次の予定。
第2回 千里眼事件 闇に消えた超能力(11月15日 午後10:25〜10:50)
第3回 幻の発見 新元素ニッポニウム=i11月22日 午後10:25〜10:50)
第4回 ハレーすい星大接近! 地球滅亡騒動(11月29日 午後10:25〜10:50)
再放送はいずれも1週間後の午前5:05〜5:30。

各回の内容や放送日・時刻はこちら。日を変えてデジタル教育3でもやるみたい
タグ:メディア
posted by 亀@渋研X at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - NHK教育:明治サイエンス事件帳

2007年11月05日

10万突破記念

某所で大変におもしろいスパムを教わって、うちにもなんか面白いのが来てないかとSPAM BOXを見てみました。が、なかなかないですねえ。ちょっとおもしろいのは、せいぜい、「Subject: インカ帝国より愛をこめて」とか「From: ブルンコヴェネスク様式 」ぐらいでした。世界遺産ていうか、半村的な伝奇ものが流行中なのか?

spam.pngで、ついでにメーラーの「統計機能」を見たら、今年に入って受信メールの90%(118,550件中の106,783件)がSPAMなのだとわかって、ちょっと鬱。昨年は74%(95,715件中の71,285件)だから大躍進ですよ。

あ! まだ11月になったばっかなのに、すでに10万通の大台にのってるんじゃん……

                _| ̄|○
タグ:ネット
posted by 亀@渋研X at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 10万突破記念

2007年11月03日

【種】「誤謬」のパターン

論理学では論理的な誤りについての考察が延々と(2000年ぐらい?)されていて、アリストテレスの昔からその分類も行われている。Wikipediaにそのパターンが列挙されていた。

誤謬 - Wikipedia

誤謬というのが論理学の用語で、形式的誤謬と非形式的誤謬があって、なんてことはこの記事を読んで知った。
例が多数挙げられており、大変におもしろい。「なんじゃそりゃ」という噴飯ものから「それ、どっかで見たぞ」「これはやっちゃいそうだな」「これやられたら見抜けないかも」というものまでいろいろ。

なお、Wikipediaには後述のような関連項目もある(一部、どういうわけか「経済学の用語」で「論理学でも同じ意味で用いられる」なんて説明があって吹き出しちゃうけど。まあ、Wikipediaなので)。

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 17:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニセ科学対策教材の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【種】「誤謬」のパターン

メモ:小児科夜間救急外来のコンビニ化

小児科医はパンク寸前!? 夜間救急外来の“奇妙”な混雑(R25 2007.11.01)
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200711011105?vos=nr25alsc0165002
 東京西部のある大学病院には、一晩に数十人の親子連れが訪れる。「昼間、熱が出ていたようだ。今は落ち着いたが念のため診てほしい」「他の病院で風邪と言われたが、やはり心配になって来た」――。
 ほとんどは軽症の子どもたち。言っておくが、救急外来は本来、命に関わる重篤な症状や病状の急変を診るための窓口である。「もうコンビニ化してますよ」。この病院の小児科医は苦笑する。
記事にもあるように、しょうがない部分もある。あるけど……それって、「だってオレ、昼間は忙しかったんだもん」と言って午前3時に恋愛相談かなんかの「本人にとってだけ深刻」な電話をよこす馬鹿野郎と、かなり似ていないか。

続きを読む
タグ:メディア
posted by 亀@渋研X at 04:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学校とか教育とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - メモ:小児科夜間救急外来のコンビニ化

2007年11月02日

タミフルが不安な人へ

次の九段下研はインフルエンザとタミフルであります(『家電批評 monoqlo』のvol.3掲載。たぶん11/20発売)。言っちゃあなんですが、オススメです。買って。

たかが4ページのお笑い記事なのに、かなり盛りだくさんで包括的、なおかつ情報や論点が整理されていると自負しています。以前からやりたかった「リスクとハザードとベネフィット」なんて解説もできたし。
印刷所への下版直前に出たニュース(これとかこれとか)にも追加で触れることができたし、もう、保存版と言ってもいいかも。

今年もそろそろインフルエンザの季節なんですよ。ていうか、毎年くる。しかも、私の周辺の学校では、10月中に発生が確認されています。「かかったって寝てられません」という人は、いざかかってからタミフルなんか使われると人類に迷惑なので、予防接種を受けましょう。

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | MONOQLO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - タミフルが不安な人へ

くるけんを応援してね!@KABUKI町スターコンテスト

我らが「くるけん」ことシンガー来嶋けんじが、11/10、新宿は歌舞伎町のステージで、カブキ町エンタメ・チャンプの座を競います!

審査員は会場のお客さん。ということで、以前からくるけんを応援しているぼくとしては、本来ならなにを差し置いても駆けつけるところなのですが、残念、ぼくは動けないのでありました(><)

  誰か、ぼくの代わりに投票してきて!

というのがこのエントリの目的であります。

続きを読む
posted by 亀@渋研X at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - くるけんを応援してね!@KABUKI町スターコンテスト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。