2008年10月17日

【種】「知ってること」の知らなさ加減

カワバタさん(川端 裕人)、PTAについての本『PTA再活用論―悩ましき現実を超えて』(中公新書ラクレ)が出たので、ここしばらくはブログもPTA特集。

しばらくPTAについて語ります(全P研の必読本)(リヴァイアさん、日々のわざ 2008.10.14)

なんでウチでもPTA本の話なのか。オレがガッコーによく出入りしているからか。そうではないのです。

なんとなく、断片的でもそこそこ身近な情報があると、ついつい「それ、知ってる」と思ってしまいますよね。家族が話題にすることでも、メディアでよく見かけるようなものでも。

でも、その「知ってる」は、せいぜい「存在を知ってる」よりはもうちょっと情報をもっているというだけで、「実態とかはまるっきり知らない」だったりするわけです。それにも関わらず「それ、知ってる」と思っちゃう。ま、こういう場合の「知ってる」は「関心ない」の別名だったりもするわけですが。

PTAもまあ、そういうもののひとつだったりします。学校に通う子どもがいてもね、なんとなく知ってるけど、あまりよくは知らない(という自覚もほとんどない)、でもまあ、それでいいか、みたいな。

このカワバタさんの本、連載時にPDFでアップされていたりもして、ぼちぼち読んでました。なかなか刺激的。そうか、そういう問題設定もあったのか。オレはPTAには関わらないで学校に関わっているのだけど、なんだい同じ問題意識もいっぱいあるではないか。あ、これは,この辺は教育とかに限らないぞ。などなど、あれこれと考えたものでありました。今回、一冊にまとめるに当たって、かなり手を入れられたとのこと。えらい。期待大であります(そうなの、未読なんです)。

で、別に「PTAに関わろう」ではなくて、「実はみんな、知らないものを関心のなさから『知ってる』って思ってたりすること、あるよね」という一例で、なおかつ読んでオモシロいに違いない本をご紹介する、というわけでありました。

あー、えらそうなことを言いおって、と思われたらごめんなさい。「それなりに知ってるつもりだったんだけど、ちょっと詳しい話を知ってみると、『なんだ、オレ、ぜんぜん知らなかったんじゃん」などということは、ボクもたくさんたくさん経験しております。すいません。


posted by 亀@渋研X at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニセ科学対策教材の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【種】「知ってること」の知らなさ加減
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。