2009年05月29日

インフル便乗商法2

[FDA]2009 H1N1インフルエンザインチキ製品リスト(食品安全情報blog 2009-05-28)

便上商売に気をつけよう(米国FDA)(感染症診療の原則 2009/5/28)

どちらも、米国FDAが公開した「Fraudulent 2009 H1N1 Influenza Products List」についての記事。

Fraudulent 2009 H1N1 Influenza Products List
http://www.accessdata.fda.gov/scripts/h1n1flu/

同じような話は前にもエントリにした。なんで日本ではこういうことを行政はなかなかやんないんでしょうね。予算の問題かしら。それとも消費者センターあたりがやってるけど報じられないのか。

ちょっと気になるのは、いささか両者のトーンが違うところ。感染症診療の原則さんは「買わなきゃいけないものなどない」と書いておられるが、食品安全情報blogはそこまで一刀両断ではない。

ぼく自身は、FDAのサイトまでは目を通せていない。ごめん、ぼくはそろそろ沈没するところなのだ(ぐぅ)。
posted by 亀@渋研X at 05:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - インフル便乗商法2
この記事へのコメント
ブコメいただきまして、どもです。

>matasaburo 医療 マスクで何割くらいリスクが軽減されるのかという検証は行われているのでしょうか? まったく効果がないなら止めますが、例えば3割程度リスクが軽減するとかだったら私はしますね。実際はどうなんでしょうね。 2009/05/29

ちょっとだけ調べて、ブクマしました。すでに捕捉されてしまいましたが(^^;;

で、ブクマに「マスク」タグを追加しました。
http://b.hatena.ne.jp/kamezo/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF/

マスクをすると、なんぼかでも「感染しにくくなる」という調査結果もないわけではないんですよね(感染させない、感染させにくくなる、ではなく。また、「感染しない」ではないことにも注意)。しかし、まだ調査が少なくて信頼性が乏しいということなのか、あるいはほかの理由があるのか(マスクをするリスクについて言及している機関もありますし)、うかつに「しないよりもした方がいい」とも言い切れない状況なのではないかなあ、と思います。
Posted by 亀@渋研X at 2009年05月30日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120410422
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック