2009年06月16日

渋谷研究所X+菊池誠『おかしな科学』7月リリース



楽工社 PRESENTS

渋谷研究所X feat. 菊池誠

おかしな科学

渋谷研究所X+菊池誠『おかしな科学 みんながはまる、いい話コワい話』楽工社

笑えるニセ科学系トークバトルのてんこもり

ゆるい。濃い。腹が立つけど力が抜ける。

ビリーバーな六さん と 懐疑派亀さん の
お笑いトークバトルに
ついに教授まで加わっちゃった!

楽工社より、まもなくリリース!

渋谷研究所X+菊池誠
『おかしな科学 みんながはまる、いい話コワい話』
楽工社
ISBN:978-4-903063-33-1 1500円+税

bk1では、すでに注文できる模様。

『ポピュラーサイエンス日本版』(トランスワールドジャパン刊)に掲載された亀さん六さんのお笑いトークバトル十数本をベースに、新原稿を大増量。各本編後には亀さん・六さんと教授の脱力系対談を投入! さらに最終章は、三者一堂に会しての脱力系バトルロワイヤル!! (数えてないけど、雑誌掲載時から見て、ほぼ倍増じゃなかろうか)



校正を終えて、ただいま編集部が最後のまとめ作業でひいこら言ってるところです。

もくじなども、後でアップの予定。
posted by 亀@渋研X at 17:51 | Comment(12) | TrackBack(1) | 『おかしな科学』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 渋谷研究所X+菊池誠『おかしな科学』7月リリース
この記事へのコメント
発刊おめでとうございます。必ず買って詳細にチェックします。豊富なデータや資料に基づくまじめな切り口の本なら大歓迎ですが、おちゃらけでお茶を濁すような内容だとしたら、ニセ科学批判は末期的症状なんだな、と見切ることになるでしょう。
Posted by SSFS at 2009年06月17日 03:20
いい加減にしなさい。最初(2004年)から「お笑い記事」だってば。右上の「このBlogは」にも書いてあるし、だいたいあなたは過去の投稿で掲載誌を読んだって書いているじゃないですか。

いったいなにがSSFS氏に起きているのか、ちょっとだけ考えてみました。

可能性1)かつて掲載誌は読んだが、ワシラの連載記事は読んでいない(「このBlogは」も読んでいない)
可能性2)読んだけれども、内容をカケラも覚えていない
可能性3)自分の過去の投稿内容をまったく覚えていない
可能性4)「お笑い」の意味がわからない
可能性5)時間の概念がない
可能性6)自分の過去の投稿を読んだ人はいないと思っている
可能性7)自分の過去の投稿を読んだ人は、内容を覚えていないと思っている
可能性8)自分の過去の投稿を読んだ人は、内容を理解できていないと思っている
可能性9)どのような記憶も自分に都合よく改変される
可能性10)自分の過去の投稿を読んだ人を、単にバカにしている

どれだとしても、あるいはこれ以外の解釈が可能だとしても、あなたのお相手をすることに意味を見いだせません。以後、SSFSさんは投稿禁止にさせていただきます。あしからずご了承ください。
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月18日 13:34
きくちくんちでも告知が出ました。

「おかしな科学」渋谷研究所X(kikulog 2009/6/18)
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1245253925
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月18日 14:22
お久しぶりです。
ウチの奥さんと一緒に読もうと思います。
世の中には、本当にいろいろな人がいますね。
笑えなかったら見切りますよ(笑)
ウソです。これからも更新を楽しみにしています。
失礼しました。
Posted by はちでか at 2009年06月20日 01:55
わー、はちでかさん、お久しぶりです!
検索してみたら、およそ1年ぶり!? お元気でしたか?

>ウチの奥さんと一緒に読もうと思います。

ありがとうございます! 奥様にも楽しく読んでいただけるとよいのですが。どきどき。

>笑えなかったら見切りますよ(笑)

ぐさっと来ました。_| ̄|○

えーと、ギャグは主に六さんの中の人が (。_・☆\ ベキバキ

よろしかったら感想もお寄せくださいね(^^) MONOQLO連載分も、そのうちには単行本に……できるといいなっ、と今から狸の皮算用を(汗
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月20日 02:21
>まじめな切り口の本なら大歓迎ですが、

まじめですYo。マジにお笑いやってます。

>笑えなかったら見切りますよ(笑)

あ、そっちの方が怖い……。
Posted by 六@渋研 at 2009年06月20日 14:11
おいらは自分の考えたギャグには自信があります!
六さんと亀さんのギャグについては、責任取りません
Posted by きくち at 2009年06月22日 02:56
や、けっこうギャグのレベルは高いんじゃないかと密かに自負しています。

しかし、レベルが高すぎてついて来られない人も (。_・☆\ ベキバキ
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月22日 13:05
高度すぎるギャグは単なるおやじギャグと区別がつかない
Posted by きくち at 2009年06月22日 16:19
昔の人は含蓄のあることを言ったもんですね。

「心にオヤジがいなければ、どんなギャグも相手の心に響かない」
──聖パウロのことばより
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月22日 17:04
今晩は。

私はもう、ゲーム脳が採り上げてあるという事だけで満足であります(←満足するな)。

でも、おかしな所あったら突っ込みますよ☆←とてもえらそう
Posted by TAKESAN at 2009年06月25日 02:29
反応が遅くなりまして。

突っ込んでくだせえ!

すでにきくちくんからも、複数の間違いを見つけたと連絡が入っております。とほほ(-_-)
Posted by 亀@渋研X at 2009年06月29日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121552413
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

置かれる場所
Excerpt: 購入後もう1週間が経過してるのだけど。 おかしな科学―みんながはまる、いい話コワい話作者: 菊池 誠出版社/メーカー: 楽工社発売日: 2009/07メディア: 単行本 2度読み返したらちょっとレビ..
Weblog: Chromeplated Rat
Tracked: 2009-07-20 06:57