2009年12月05日

【続き】錯視:Crazy Diamonds

先のエントリの続きです。

コメント欄でのe10goさんのご指摘を受けて、こしらえてみたら、まんまドンピシャだったようです。

その前に、まずは完全なベタ(均一な塗り)のひし形を並べてテスト。

CrazyDiamonds100-100.jpg

こうなります。トナリのひし形となじんじゃう。

下の動画は、一列ずつ出したり引っ込めたりしたもの。



これで、先のエントリで紹介した動画が、ベタ塗りのひし形じゃない、って確認ができたことになるのかな。

そんで、e10goさんのご指摘を踏まえて、いろんなひし形を作ってみました。下記はそのひとつで、茶色を80%から100%へのグラデーションにしたもの。

CrazyDiamonds80-100.jpg

60-100%、60-90%、70-100%とかって感じで、ほかのパーセンテージでもいくつか作ってみました。でも、これがなかでは近かったかなあと思って。

そんで、この80-100%のグラデで動かすところを動画にしてみたのが下記。



元の動画に、かなり似てるかな? ひとつひとつのひし形の上下で、濃淡・明暗が異なるということも、わかるんじゃないだろうか。



なんで「こういうふうに見えるのか」については、いまのところ理由を見つけてはいない。でも、隣り合った色がグラデーション(無段階)なのかジャンプする(バンディング。落差がある)のかといったことで、色差を識別できたりできなかったりするということと、関係があるのではないかと思う。
posted by 亀@渋研X at 03:09 | Comment(1) | TrackBack(1) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【続き】錯視:Crazy Diamonds
この記事へのコメント
ちなみに、下の方の動画のBGMは、きくまこ氏の名曲〈渋谷研究所X「愛のテーマ」〉をあたしがGarageBandでカバーしたものだったりする(^◇^;)
Posted by 亀@渋研X at 2009年12月05日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134735166
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

なぜダイヤの濃淡が変わるように見えるのか
Excerpt: おもしろい動画があったので紹介。このサイトの紹介が元かな。こちらも参考にPSJ渋谷研究所X: 錯視:Crazy DiamondsPSJ渋谷研究所X動画を見ていただければわかるとおもうのですが、濃淡(色..
Weblog: 釣堀.net
Tracked: 2009-12-07 14:05