2010年09月06日

Tweet自動掲載の終了

更新できなかったこれまでの期間、空白期間に応じて挿入される広告の跋扈には耐えかねた。ニセ科学やオカルトの花脚なんかしていると、ご存知のようにそういう商品やサービスばっかり出てくるのだ。それで導入した、「●月●日のつぶやき」自動投稿機能でありましたが、そろそろやめます。

【15:40追記】:カテゴリー「つぶやき」の記事は一部を除いて非公開にします。コンテンツとしては読めたものではないので。せっかくコメントをいただいていた方々、ごめんなさい。
忘れっぽいオレ用のおまけ情報。ぼくのツイートは、twitterのサイト以外、twilogでも読めます。日ごとに分かれていて、ツイート数のグラフや昇順降順も変えられます。


調子が悪かった時期は、なんか記録になっていいな、とぼんやり思ったりもしたのだが、読み返してみると「replyやRT抜き(つまり、やり取り抜きの独白のみ)」だの「replyやRTあり(やり取りの一方は入れる)」だのというのが、どれほどショーもなく断片的かよくわかった。書いた本人以外には、ほんっとに部分的にしか意味がわからないだろうなあ。

これは、たとえばneanderthal Yabukiさんが、ブログ「極私的脳戸/日々の与太」でやってる「●日のつぶやきと注釈」みたいに、適宜加筆すればまた違うに違いない。しかし、こういうマメさは、今の私には望むべくもないのだ(^^;;

世の中には、そういう機能を利用してツイートをブログに載せている人はたくさんいるので、なんか意味があるのだろうとは思う。読んだことがないからわからんが。たとえば、ちょっとつぶやき方に気をつけて、告知っぽい文章や、ちゃんと意味の通るメモにするとかしとけば、後から他人が読んでも意味があるだろう。しかし、はたと思ったことやらを端からメモとして垂れ流したり、「トートツにささいで変なことを口走ると、きっとTLが楽しくなるぞ」などと思いつくと、つぶやかないでいられない私のような人間はダメだ。そーゆーことはできん。芸風が違うんだか人生観が違うんだかダラシナイだけだかわからないけど。

横っちょに「最新のツイート」とかいって表示するツールもあるようなので、気が向いたらそっちは入れるかも。気が向かなかったら入れないかも。

さ、これでなんか書かないとまた広告がバッコするぞ、書け、オレ。

#実は、仕事もなにもしていないのに、あっという間に更新なしで6日になったために、
#自分でもちょっと驚いているのだったりする。
posted by 亀@渋研X at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - Tweet自動掲載の終了
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161721330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック