2007年05月08日

ロイター発「サイバーホームレス」

インターネット喫茶、マンガ喫茶と呼ばれる空間に、文字通り「住んでいる人々」がいるという。

ITmedia:「サイバーホームレス」が映し出す日本社会の変化(2007.5.8)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/07/news050.html

安宿代わりにネット喫茶を利用したことは、何度となくある。しかし、あの空間を仮住まいとしている人がいることには気づかなかった。気づいてもおかしくなかったかもしれない、と思う。しかし、まさか海外の通信社の記事で知らされるとは。
新聞記事にもなっていたらしいが、これにも気づかなかった。

しかし「サイバーホームレス」かあ。原文はどうなってるんだろう。
こういうネーミングがされると、また一人歩きするのかなあ、とも思う。

以下、この件についての個人的な備忘録。かつて独身会社員時代、仕事で、あるいは酒を飲んで終電を逃した後、ぼくはカプセルホテルに泊まっていた。ウブな最初のうちは深夜に及ぶ残業後であれば、市ヶ谷の会社からタクシーで府中の実家に帰っていたのだが、カプセルホテルの倍以上のお金がかかる。当然だが、これを経費で落とすことは上司に渋られた。その後は新宿の終夜興行の映画館を利用し(編集者のくせに話題の映画を見る余裕もなかったボクは、これはこれで自己投資だという欺瞞も忘れていなかった)、朝になって映画館が閉まると「山手ホテル」(永島慎二用語。山手線の意)に移動して会社の開業時刻まで眠った。
酒の後ならば、友人の部屋に泊めてもらったことも何度なくあった。30歳前後に今のカアチャンとつきあうようになってからは、彼女の中野の部屋も避難所になった。結婚して府中に居を移して以後は新宿か九段のカプセルホテルが定宿。もちろん会社の椅子や段ボールの寝床を利用したことも多かったし、独立してからは酒でも仕事でも、事務所でキャンプマット+寝袋で寝ることができたが、事務所を引き払ってからは再びカプセルホテルの世話になるようになった。

ネット喫茶を「安価な宿として利用する方法」を教わったのは数年前、クルマ関係の営業で西日本を飛び回っていた友人からだ。それ以来、終電を逃すと(あるいは、終電で最寄り駅を乗り過ごすと)四十面をぶら下げてネット喫茶に泊まるようになった。都合、十数回はそんな目的で利用しただろうか。
子どもたちには、うらやましがられている(のんきなんだわなあ)。


posted by 亀@渋研X at 05:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ロイター発「サイバーホームレス」
この記事へのコメント
>しかし「サイバーホームレス」かあ。原文はどうなってるんだろう。
>こういうネーミングがされると、また一人歩きするのかなあ、とも思う。
ちゃんと一人歩きしてるようです。

愛・蔵太の少し調べて書く日記:[ネタ]ネットカフェ難民なんてただの報道の演出です
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20070506/nanmin

「ネットカフェ難民」という言い方がポピュラーなのね。
ただし、このタイトルはブログ主も「ネタ」と書いているように、「報道の演出」という表現は、ある種のアオリのようですが。
Posted by 亀@渋研X at 2007年05月09日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。