2007年05月20日

水道橋+宮崎+唐沢+ニセ科学

やっと見ました。

VODで、ニセ科学批判(Interdisciplinary 2007年4月20日)
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/vod_1455.html

で紹介されていた、
ミランカ内のコンテンツ、『博士も知らないニッポンのウラ』
。水道橋博士と宮崎哲弥が進行役。これは、「お笑いメディアリテラシー」な番組なんですね。もっと注目されていいコンテンツですねえ。

実は、先のエントリを書いてから、ふっと思い出したんですよ。いや、宮崎哲弥が出てるとかいうことは忘れていたんですが。なにしろ日頃はWindows機を起動もしてないので、なかなか見る機会がなくって。

で、その第2回「ニセ科学のウラガワ」は唐沢俊一がゲスト。約30分ずつ3部に別れていました。ネットでなきゃ、こんな長尺の番組にはできませんね。
最初の感想としては、「ああやって、バカ話を織り交ぜながら話をするのって大事なんじゃないかなあ」てなところで。いや、それでも1時間半見るのは大変なんですが。

唐沢氏が言う「科学的な装いに惹かれたのであっても、根底には科学への不信があるので、科学者が正しいことを言っても届かない」というのは、確かに信じちゃった人についてはそうなんだろうなと思いますね。んでも、近くで迷っている人もいるし、身近な問題になってない人もいるので、これはこれで情報の供給源として大事ですよね。

その意味では、第4回の宮台さんとの教育論も大変におもしろかったりしました。いや、後半のバカ話は単に見ものとしてもおもしろいんだけど、それだけじゃなくて。

実は、最初にびっくりしたのは、内容じゃなくて再生条件でした(^^;; Windowsってだけではなくて、MSIE限定、しかもポップアップ・ウィンドウとActive Xを有効にせんといかんのですね。最初にFireFoxでアクセスしたり、MSIEでもActive Xもポップアップも切っていたりしたせいか、設定し直してもなかなか再生されず、なぜか「日本国内でないと視聴できんよ」とか言われて、再起動するまで見られませんでした。必ずそうなるのかどうかは不明ですが、まあ、そうなるとめんどくさいのでお気をつけ下さい。


posted by 亀@渋研X at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 水道橋+宮崎+唐沢+ニセ科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。