2007年10月16日

メモ:知る、わかる、求める、信じる

「知る、わかる、求める、信じる」などということについては、何度もエントリを起こしかけて断念している。またそうなるかもしれんけど、そうならないようにメモってみる。

下記の記事を続けざまに見た。

達成の味付け(言戯3 2007年10月16日)

人権教育(14)交流教育 わたし自身の反省と決意(教育の窓・ある退職校長の想い 2007年10月16日)

にがい思い出:にがい思い出(小学校初任者のホームページ)

「知る」「わかる」ということ、それから「信じる」「求める」ということについて、なにかが頭の中で結びつきそうになっている。
ちょっと下記についても思い出したりしている。

きっかけの泡(Interdisciplinary 2007年8月 9日)

信じる(Interdisciplinary 2007年8月11日)

WAKARU(Interdisciplinary 2007年10月14日)

後日まとまるかな、まとまんねえだろうな。


posted by 亀@渋研X at 01:38 | Comment(3) | TrackBack(1) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - メモ:知る、わかる、求める、信じる
この記事へのコメント
あ、これも大事かも。

がくしゅう(Interdisciplinary 2007年10月13日)
http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_75ea.html
Posted by 亀@渋研X at 2007年10月16日 02:14
今晩は。

ご紹介頂いて、ありがとうございます。

FREEさんとのやり取り、改めてざっと見返しましたが、かなり長いですねえ(笑)

自分で言うのもおこがましいですが、FREEさんとのやり取りは、対話の進め方としては、かなり良いものであったと思っています(私が書いている内容はともかくとして。哲学や心理学的には、かなり甘いでしょうし)。FREEさんには、かなり負担を掛けてしまったかも知れませんが…。
それこそ、「わかる」事を確認し合うプロセスの例、と言うか。結局、相互理解出来た、とはならなかったと思いますが、ずれを確認したり、不明な所は訊ねたり、という過程が、丁寧に行えたんじゃないかなあ、と。
Posted by TAKESAN at 2007年10月16日 02:58
コメントありがとうございます。
関連エントリみたいなものをごそごそ書いてそちらにTBしている間に(しかも、この時刻に)コメントいただいちゃって、なんだか泡を食っています(大汗

FREEさんとのやり取りは、実のところハラハラしながら読んでいたところもあります。「なんとなくわかったような」でいい加減に終わりにしないやりとりってのは、やっぱりギャラリーも一所懸命に読んじゃうから相応の負担がかかるのかな。

で、改めて思うのは、わかろうとする、わかってもらおうとするっていうのは、どんな結果を求めているんだろう、ってことだったり。なんていうかな、別に「仲良くなる」とか「仲良し状態の維持」とか、そういうことでもないじゃないですか(それが含まれないとは言いませんが)。もちろん敵対でもない。
わかり合うとか、相互理解とかって簡単に言っちゃいがちなんですが、わかり合うことが難しいというだけではなくて、それがどういう状態なのかさえも難しいです。

哲学書でも読むべきなのかしら……。
Posted by 亀@渋研X at 2007年10月16日 03:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

何かについての迷路のようなエントリ
Excerpt: このエントリの続きっぽいエントリ
Weblog: PSJ渋谷研究所X
Tracked: 2007-10-16 03:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。