2007年11月08日

NHK教育:明治サイエンス事件帳

本日からNHK教育の「知るを楽しむ 歴史に好奇心」という番組枠で「明治サイエンス事件帳」がスタート。全4回。見てみたい。

「明治サイエンス事件帳」の概要は
明治時代、日本人はヨーロッパから伝わった「サイエンス=科学」と劇的な出会いを果たした。政府が文明開化をスローガンに科学的知識の浸透をすすめ、旧来の学問が刷新される中、世間を騒がせる不思議な科学事件が次々と巻き起こる。<科学>と<非科学>の裂け目に生じたこれらの事件は、新聞雑誌の普及とともに、明治人の熱狂的な関心を呼んだ。その事件の背景には、ヨーロッパの科学思想と日本古来の自然観、新旧ふたつの価値観の衝突があった。日本人と科学の数奇な出会いのドラマを描く。
というもの(番組ホームページより)。

第1回は「こっくりさん≠ノ挑んだ妖怪ハンター」と題してこっくりさん井上円了を採り上げるらしい。井上円了についてはぼんやりとしか知らなかったけど、「妖怪ハンター」なんて……稗田礼二郎のモデルだったりするのか?

以下、次の予定。
第2回 千里眼事件 闇に消えた超能力(11月15日 午後10:25〜10:50)
第3回 幻の発見 新元素ニッポニウム=i11月22日 午後10:25〜10:50)
第4回 ハレーすい星大接近! 地球滅亡騒動(11月29日 午後10:25〜10:50)
再放送はいずれも1週間後の午前5:05〜5:30。

各回の内容や放送日・時刻はこちら。日を変えてデジタル教育3でもやるみたい


タグ:メディア
posted by 亀@渋研X at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - NHK教育:明治サイエンス事件帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。