2007年12月18日

誰が「祈り」を踏みにじるのか 2

さて、前述の〈誰が「祈り」を踏みにじるのか〉と少しは関係あるような、しかしささいな話。でも、こんなところから見えてくるものもある。かも。


もうこの話はやめようと思ってたんだけど、「神の手」写真、いよいよ末期的です。
今日のお題は
・不幸の手紙版
・撮影者も増加中
・新説登場
そして
・「祈り」にも似た話
の4つです。

そういえば、やぶいぬさんも新しいエントリを起こしてます。

■不幸の手紙版
やはり現れました。

神の手?(家族・趣味・エトセトラ! 2007/12/15)
[08.02.15.「神の手」掲載サイトへの直リンクははずしました(以下同)]
携帯にチェーンメールとか言うものが送られてきた。
7人に送らないと不幸になると言う。


■撮影者も増加中
友人の友人が撮影したような話も以前からありましたが、もうちょっと具体的な人が撮影したという話が増えているようです。

そういえば、(++archway 下北沢 2007/12/17)
「ねぇ、あの写真どうしたの?。」って、電話がきて
「お友達から送られてきたよ〜、なんで?。」って、聞いたら
「あの写真をお母さんが見て、
 この写真、夏くらいに沖縄に居るお友達が
 すごい写真が撮れたからって送ってきた
写真と全く同じだ、見せたでしょ?。
 って言われたんだよね〜」 で、


雲の手?神の手?実はお尻の穴(News from E-Bay〜筑豊からの情報発信〜 2007年12月16日)
なんでも知り合いのお嬢さんが沖縄で偶然撮影した物で、これを霊媒師に見せたら「凄く縁起の良い物でこの写真を見ると幸せになる」と言われそうな。


おはよ♪(秋・風・日記 2007/12/13)コメント欄から

実はこの写真を自分が撮ったものだと言いふらしている人がいました。(怒) 私たちはすごいねって、信じていたのに。楓しゃんのお陰で真実がわかりました。
2007/12/13(木) 午前 9:07


「神の手」写メール??(人生マッタリ生きましょう 2007/12/5)
私も貰いましたよ〜!
沖縄の○○さんが撮った写真です!!ってあったけど
やっぱり作り物かな^^;
2007/12/7(金) 午前 1:00


神の手?(Coral way 〜 サンゴの道 2007/12/4)
何でも先輩の女性が偶然、沖縄で撮影したのだとか・・・


■新説登場
沖縄、新潟、長野、福岡に続いて、新しい撮影地として石垣島が登場しています。

神の手・・・・・・なんかすごくないですか〜〜〜〜???????(ぐるぐる これこれ 2007/12/11)
石垣島の伝説で、幸せになって欲しい人 7人に送るといいんだって〜〜〜


石垣島の上空に神の手が出ました。(沖縄石垣島エコ、ヒーリングツアーaquadolphin.info 2007/12/11)

下記は元ネタを知った人のしわざ? 自作自演……じゃないよね? ね?

いやらし過ぎる、お気に入りメール?�番。。。(1度きりの人生はおもいっきり・・・・★ 2007/12/13)
img_100943_322425_0
そう�またまた友人より変なメールが届いたので・・
がしかし・・・これはいったい・・・・

これは少し前に世間に登場した

{神の手}

と呼ばれるもののはずだったが・・・・・
何故か題名には

☆{神の毛}☆

と題されていた。。。。汗


なんて事だ!!!悲惨だ・・・・

しかも7人に送ると生えてくるらしい。。。。

なっ・・・何が・・・・!!!
どう見てもおかしい縮れ具合じゃないか!!(::
どこがどうなるんだよお〜っ!!!!!


目撃時の情報が加わった例もあります(汗

奇跡、神の手、現る?(世界一周計画 Vamos!! シルクロードは続くよどこまでも♪ 2007/12/10)
余りにもその形がはっきりと鮮明なので、現場で目撃した人たちは、
鳥肌が止まらなかったそうです。


■「祈り」にも似た話
先の〈誰が「祈り」を踏みにじるのか〉ではないですが、傷ついている人もいます。

…こんなのって、『アリ』なの?(みるたまゎ… 2007/12/9)([ ]内は引用者注)
まだブログ始めた頃に『神の手様』[link]と言うお題で掲載した写真です!
私自身も頂き物なんでこんなこと言っていいか分からないんだけど。。。
…何気に「お気に入り」辿ってたら・・・
全く同じ写真が掲載されてるんょ。。
記事内容も地域の内容を覗けば[除けば]ほぼ一緒で・・・・。。

『みなさまにおすそわけ♪』なんて言ってたけどぶっちゃけ「それゎないんぢゃなぃ?」
って思うぅちゎ、心&器が小さいんかなぁぁぁ。。。(T。T;)


もちろん、「下ネタ画像だ」と言われて傷ついた人もいるでしょう。

最も悲しいのは、切実なつらい生活のなかで、こういう画像に出会い、そこに希望を見いだした方々でしょう。ご家族が入院されているなかで、あるいはひどく落ち込んでいるときに、知人から送られてきて励まされたと書いている方も、少なからずおいでなのです。
彼らがこれ以上人生に傷つかずにいるには、ひょっとすると「本当は捏造写真、下ネタ画像で、ほぼ間違いない」などという情報はよけいなのかもしれません。

いや、チェーンメールを流すならそこまで考えろとか、こんなもん(神の手ってな名前をつけることとか、幸せになれるとか不幸になるとか)を始めやがったやつは何を考えてんだ、とか、情報を途中でねじ曲げるなとか、そんなことを言いたいわけではありません。そりゃしない方がいいに決まってるけど、そんなもん、ほとんど何も考えていなくて、ちょっとおもしろそうとか、ついついとかいう程度に決まっているもの。
当たり前だけど、変態オヤジのケツの穴に祈ってるなんて愚かだとか考えてるわけでもありませんよ。

調べなければよかったという気持ちは、少しあります。でも、知らなければよかったとはまったく思いません。誰かが知恵の実を食べたからかもしれないけど、知ることからしか始まらないもの。

しかし……しかし。悲しすぎない?


posted by 亀@渋研X at 04:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 誰が「祈り」を踏みにじるのか 2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。