2007年12月29日

【種】体に関する都市伝説

TAKESANさんちの「分けて考えてみる」コメント欄でちょっと話題になって思いだしたので保存。

どの世界にも言い伝えや都市伝説みたいなもんはある、という話だと思うといまさら取り立てて言うほどのことではないと思えなくもない(そういえば、医学都市伝説っていう超有名サイトもある)。んでも、そういうことを知らないか、知っていてもうっかり忘れてしまう、ということもまたある。

暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない、と米チーム(朝日新聞 2007年12月25日)(魚拓

下記が、どれも根拠のない言い伝えだったという話だ。
・1日にコップ8杯以上の水を飲むのがよい
・私たちは脳の10%しか使っていない
・毛やつめは、私たちが死んでからも伸びる
・暗いところで本を読むと目が悪くなる
・七面鳥を食べると眠くなる
・携帯電話は病院の医療機器に影響する

魚拓では表が消えているので、以下にコピっておいた。

体に関する言い伝えと医学的な妥当性(米インディアナ大チームによる)

 米国で医療関係者にも信じている人がいるという言い伝えを七つ選び、文献データベースやインターネットの検索で医学的な裏付けを示す研究があるかどうかを調べた。
 その結果、七つとも医学的な裏付けは見つからず、80年近く前の研究ですでに否定されているものもあったという。
 論文は結びで「このような言い伝えを信じるだけなら実害はないが、根拠のない治療法を勧めることは実害をもたらす可能性がある」と、科学的根拠に基づく医療の重要さを指摘している。
TKY200712240173.jpg


英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」クリスマス特別号の論文ってのは、これなんじゃないかな。

Medical myths -- Vreeman and Carroll 335 (7633): 1288 -- BMJ(22 December, 2007)(魚拓
今ならPDFでも入手できるのだそうな(はてぶ)。

BMJのこの記事を採り上げているブログ記事。

医学伝説 (内科開業医のお勉強日記  2007-12-25)

毛を剃ると濃くなる?(札幌ではたらく院長のブログ - 本間 賢一 2007年12月26日)

もちろん、記事で採り上げられた以外にも、こういう話はたくさんある。パッと思いだすのは「宿便」とか「金粉を全身に塗ると皮膚呼吸できなくなって死ぬ」とか。
一方で、定説がくつがえることもある。擦り傷などの外傷は、乾かした方がいいのかどうか、なんてのが思い浮かぶ。
そんな話を全部知っておくなんてことはできないので、とりあえず「根拠のない話を思い込んでいる場合がある」とか「知識って、メンテナンスが必要なことがある」とかいうことを、アタマの片隅においておく必要があるってことなんだろう。


タグ:都市伝説
posted by 亀@渋研X at 13:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニセ科学対策教材の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 【種】体に関する都市伝説
この記事へのコメント
同じ元ネタに基づく記事を、apjさんち「事象の地平線」のコメント欄で採取。朝日の記事よりも詳しい。

暗い場所での読書や病院でのケータイ使用はOK? 米研究者が調査。(Narinari.com 2007/12/25)
http://www.narinari.com/Nd/2007128522.html
Posted by 亀@渋研X at 2007年12月29日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。