2008年03月02日

原典批判:水伝&ゲーム脳

TrackFeed経由、「ニセ科学と俗流若者論の関連性」(後藤和智の雑記帳 2008年2月29日)経由、「ニセ科学の原典批判2つ」(『digital ひえたろう』 編集長の日記★雑記★備忘録 2008年3月 1日)経由(ありゃ。タイトルがほとんど同じになってしまった)で、下記を知った。

「水からの伝言」はどうやって作られているのか(1)(2)(3)(ほたるいかの書きつけ 2008-02-29〜03-02)

水伝のvol.1〜3の、ひえたろうさんの表現を借りれば「原典批判」ともいうべきものだ。彼らの「実験」と称するものがどのように記されているか、詳細にチェックされている。これはすごい。ありがたい。江本書籍を決して買わないと心に決めているくせにFAQに手を出してしまった私(ぉぃ)には、とてもとてもとーってもありがたい(あっ、資料編に入れておかねば・汗)。

TAKESANさんちでも『ゲーム脳』の原典批判が始まっている。多分ウチと併せて読んでおいでの方が多いだろうから今さらかもしれないけれども、やっぱりご紹介しておこう。

『ゲーム脳の恐怖』を読む(1)(2)(3)(Interdisciplinary 2008年2月26日〜3月1日)

いずれの原典批判も、まだ始まったばかり。まだまだ続くことだろう。

御両所の尽力に感謝。


posted by 亀@渋研X at 01:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 原典批判:水伝&ゲーム脳
この記事へのコメント
言及ありがとうございます(アクセス数が増えててびっくりしました)。

 ええと、「水伝」の実験方法についてはあの程度しか書かれていないので、「まだまだ続く」ことはないのです。(^^;;
 それぐらい薄っぺらなものであるということが、彼ら自身の言葉で伝われば、と思っています。

 ただ彼らの言葉を紹介しながらの批判に意義を感じて下さる方々もそれなりにいらっしゃるようなので、実験方法以外の部分でも折に触れてやっていきたいなと思っています。

 私も江本の本は新刊では決して買うまいと思っていたのですが、「水伝」だけは古本で見つからず、歯ぎしりしながら新刊で買いました。くやしいなあ(でも「水伝1」は実は持っていないのです…やっぱ買うべきかな)。
Posted by FSM at 2008年03月03日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。