2008年05月04日

憲法9条と911陰謀論をめぐって

9条護憲派はオトモダチごっこを早く卒業しないと(『digital ひえたろう』 編集長の日記★雑記★備忘録 2008年4月30日)のコメント欄での、FSMさん@ほたるいかの書きつけとブログ主のhietaroさんのやりとりが興味深い。

発端はkiklogの憲法9条と911陰謀論、または安斎先生はどう考えておられるのだろう(追記あり5/2)だったりする。kikulogでは「なぜジャパン・スケプティクスの元会長でもある安斎育郎さんが代表をしている運動で、妄想まで許容されちゃうのか。というか、根拠に欠ける妄想まで持ち込んでは、護憲も9条を守ろうも、『あれも妄想仲間』ってことにされてダメになっちゃわないか」というような問題意識で起こされたエントリなのだと思うのだが、こちらはちょっと違う。
「9条を守ろう」という立場の多様性とか、運動論としてどう評価するかとか、「国民投票で9条改正されないとなったとき、現状(解釈改憲状態)が追認されたことになるのではないか」とか、さまざまな論点があるのだけど、そっちが主眼。で、これが混乱してない。

内容も興味深いのだけど、その態度がすてき。
互いに論点というか齟齬というか、そういう引っかかりを探り出して、どこが共通していてどこが違うのかを見極めながら話を進めようとしている。感心しました。注意深い対話は有用だなあ。Webでのコミュニケーションはどうのこうのとか言う人は、こういうのもなれ合いと言いたいのだろうか。

などと傍観者的に言っていてよい話題ではないので、後で(夜にでも)ちょっと自分の立場を書いてみる。



タグ:陰謀論
posted by 亀@渋研X at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 渋研X的日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 憲法9条と911陰謀論をめぐって
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

憲法9条と911陰謀論をめぐって3
Excerpt: その2の続きです。 ちょっと目を離しているうちに、こんなやりとりが出て来ていた。 180. ROCKY 江藤 ― May 11, 2008 @23:17:03 >変だけど仲間だから許容しているのか、そ..
Weblog: PSJ渋谷研究所X
Tracked: 2008-05-13 01:08

憲法9条と911陰謀論をめぐって2
Excerpt: 続き。まずは「『運動』って、トンデモさんと一緒にやっても成立するのか」「大同団結ができる条件(というか限界)ってなんだ」なんてことを考えてみる。
Weblog: PSJ渋谷研究所X
Tracked: 2008-05-13 01:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。